離婚相談による弁護士費用や無料の相談場所とは

お互いが愛し合って結婚をしたにもかかわらず、共同生活をしているうちに何か違和感があるなあという風に感じることになった時に、よぎってくるのが離婚という言葉です。離婚というのはお互いがそれに同意することができれば、離婚届を役所に提出したらいいのです。

しかし、実際のところはそれだけではなくいろいろな問題が発生したりもするのです。いろいろな問題を夫婦間で解決することができないのであれば、離婚相談という形でアドバイスをもらうのがいいでしょう。いざ相談するとなるとどこに持ちかければいいのかわからない人も多いでしょう。今回はそういう点を含めて紹介していきます。

なぜ離婚が増えてきているのか?

最近の傾向として婚姻数については伸び悩んでいるわけですが、離婚数については増え続けています。離婚の理由として一番多いのは男女ともに性格の不一致でした。夫の場合は2位3位に妻の異性関係や妻の浪費癖が続いているのに対して、妻の場合は2位3位に夫からのDVや夫の異性関係が続いています。

婚姻年数から見て離婚が多いのは、結婚してから5年以内の離婚です。これは実際に共同生活をしてみたのはいいですが、何か違うなあということがあったからです。恋愛中というのはお互いいいことしか見せていないということもありますので、結婚してから本当の性格が分かるという側面があります。

近年増えてきているのが20年以上も婚姻生活を続きてきた人が離婚をするいわゆる熟年離婚が増えてきています。婚姻生活が20年以上もなると子供が独立してくる時期ですし、妻としても一人の女性として第2の人生を送りたいという気持ちもあるでしょう。そういう気配を夫は全く気付かないので、困ったことになってしまいます。

離婚によって生じてくる悩みで多いものは子供のことです。まだ子供が小さい場合は親権をどうするのかということと養育費をどうするのかということについての問題が出てきます。そこで揉めるということも十分にあり得ます。そういう時には誰かに相談するということが必要になってきます。

女性の場合は経済的な悩みが大きくなります。今まで夫が稼いできたわけですから、それが無くなるというのはすごくきついわけです。男性が悪いということになると慰謝料を請求することはできますが、それでも自由に一人で生活するというのは難しくなります。

どういうところに相談すればいいのか?

離婚問題で揉めた際にどういうところに相談をすればいいのかわからない人もいるでしょう。離婚相談という形で相談したい人もいるでしょう。相談先としては公的な機関や弁護士、離婚カウンセラーなどがあります。公的機関であれば無料で相談をすることができます。弁護士に相談をする時には法律的な相談であれば一番ふさわしいですし、離婚カウンセラーに相談する時には離婚全般について相談をすることができます。

その他にも、不倫の証拠を取るのであれば探偵事務所に相談する形も考えられますし、自力で訴訟の仕方について尋ねたいのであれば家庭裁判所の家事相談室に相談するのもいいでしょう。

自分がどういう問題を抱えるのかによって相談先を変えるべき

離婚が増えてくるにつれて離婚相談を行う機会は増えてきています。離婚について考えた時にはいろいろな問題が出てきたりもします。自分がどういう問題を抱えているかによって、相談する先は変えていったほうがいいです。そうすることによってたらい回しになるということは防ぐことができます。